信和グループ信和グループ 新卒・中途採用サイトリクルートサイト

menu

社長室 広報担当

中尾 仁美SATOMI NAKAO

  • 2017年 入社
  • 近畿大学
  • 経済学部 経済学科

この会社に決めた理由

住まいとは人が人生で多くの時間を過ごす場所だと考えています。だからこそ、安心して落ち着ける所でなければならないと思っています。そういったことから、幼いころから住まいに関わる仕事がしたいと考えていました。信和グループは「よろこびの空間をつくる」というメッセージの下で、人と人とのつながりや心の通うコミュニティを実現できる建物づくりをコンセプトにしていますので、私が住まいに求めるイメージとぴったりでした。また土地の仕入れから建物の施工、施工後の運用など一貫して自社グループでできるため、自社のコンセプトを大切にできることも魅力の一つでした。

現在の仕事内容

会社では広報を担当しています。広報の仕事は様々なPR(=Public Relation)を行うことで、会社に関係する様々な方に様々な媒体によって会社の情報を広く知っていただくことです。私が主に担当している業務は広告宣伝業務と社内広報。広告宣伝業務としてはテレビCM・屋外広告の企画やイベントへの協賛など、社内広報としては社内報や全体報告資料の作成などです。まだまだ経験が浅く分からないこともありますが、広告代理店の方や先輩に教えを請い、失敗を重ねながら日々成長できるよう研鑚しています。

仕事のやりがい

広告宣伝業務では、みなさまがご存知の著名な歌舞伎役者が出演するCMの製作に携わりました。CMの企画、代理店の選定、共演者のオーディション、撮影現場での立会いなど、一見華やかに思える業務にも様々な方々が関わって成り立っています。多くの業務を経験して知識とスキルを蓄えてタイムリーな情報を最適な方法で発信することで、今まで「信和」の名前を知らなかった視聴者のみなさまが「信和」の名前を覚え「信和」の名前を聞くと土地活用というイメージを連想するようになる。このように「信和ブランド」が有名になることに醍醐味を感じています。広報に携わることで社内外に対する会社のブランディングに大きな影響を及ぼしていることを実感しています。

今後の目標

広報戦略の立案ができるようになりたいと考えています。広告やパブリシティに加えて販売促進なども計画できるように勉強を進めています。会社がターゲットとする層の心に響く広告媒体や時節に応じたキーワードは何か、どのような販売促進策が効果的か、マスコミ各社が取り扱いやすい情報は何か、社員のモチベーションが向上する社内広報とは何か、世間のみなさまがどのように信和グループをイメージするかなど、効率よく効果的にタイムリーな情報を発信できるようになりたいと考えています。そのために、テレビ・新聞・雑誌に加えブログ・SNSなどのメディアに関する知識、マーケティングの知識、モチベーション理論の知識などを蓄えられるように勉強中です。

学生へのメッセージ

就職活動を実施するにあたっては、軸を決めることが大事だと思います。業種なのか職種なのか、会社の規模なのかやりたいことができることなのか、競争する環境なのか協働する環境なのか。どの道に進んでも100%正解はないかもしれませんが、選んだ道が正解と考えることが大事です。やる気と向上心があれば、たとえ想像していた会社と違っても会社の環境を変えることもできると思います。就職する会社を決定するまで、様々な情報を集め、自分の深奥を見つめ、いろいろと悩んでください。最終的に信和グループが選ばれ、一緒に働ける日がくることを楽しみにしています。

一覧を見る

CROSS TALKキャリアが異なる社員たちによる座談会

座談会をのぞく