信和グループ信和グループ 新卒・中途採用サイトリクルートサイト

menu

開発部

藺牟田 礼志REISHI IMUTA

  • 2014年 入社
  • 近畿大学
  • 理工学部 建築学科

この会社に決めた理由

私がこの会社に決めた理由は、ゼロから世に価値を造る、残すことができる会社だからです。不動産デベロッパーの主な仕事は、大きく3つです。①事業用の不動産用地を取得する業務(用地仕入れ)。②取得した土地を事業化する業務(企画・事業推進)。③竣工した建物を売却する業務(販売)。一つのプロジェクトをそれぞれ業務毎に分業している会社が多いのですが、信和不動産では基本的に一気通貫で全ての業務に携わることができます。自身で事業計画を立て土地を取得し、取得後は全体スケジュールを管理しながら、事業推進を行い、竣工後に売却もしくは自社で保有していくといった業務フローです。それだけに責任は大きく、また広い業務に対応できる多くの知識が必要となりますが、自分の作品として世に価値を残し、また不動産のプロとして大きく成長できるステージがある会社です。

仕事のやりがい

仕事のやりがいは、ずばり「裁量が大きく、自分次第で業務の幅も増やせる」「自らのアイデアで不動産の価値、魅力を高めることができる」ことです。信和不動産で造るものは、マンションだけに限りません。よって用地仕入れの業務は、取得した不動産情報について、まずその活かし方から考えます。最適用途は賃貸マンションなのか、分譲マンションなのか、ホテル、ビル、サービス付き高齢者住宅等活かし方は多岐に渡ります。また新築ではなく使用されている建物を活かす方法もあります。信和不動産では活かす方法は何でも構いません。そのため担当者のマーケット調査力、経験、アイデア、センスが非常に重要視される業務です。事業推進については、立地調査から始まり、マーケット調査や事業計画、商品企画、広告展開、販売戦略、全体スケジュールの管理等多岐に渡ります。また一つのプロジェクトで、設計会社・施工会社をはじめ様々な分野の方々との関わりがあります。全ての関係者に方向性を示し統率する「まとめ役」としてプロジェクトを推進していく立場なので、責任も大きい分、非常にやりがいのある仕事です。

会社の雰囲気・職場環境

信和不動産は少数精鋭の会社です。少ない人数だからこそ風通しが良くコミュニケーションが取りやすい環境で、意見交換する機会も多く、皆さん忙しい時でも些細な相談に乗っていただけます。職場環境について、2019年から信和グループが集まる長堀橋の自社ビルに事務所を移転し、信和グループ全体でコミュニケーションが取りやすくなりました。自社ビル内には食堂やトレーニングジムもあり、仕事帰りにジムで汗を流して帰る社員もいます。働く上で、会社の雰囲気、働く環境は非常に大事なことだと思います。私自身、社会人生活の中でジョブローテーションにより様々な職種を経験しましたが、どの部署に異動しても会社の雰囲気やコミュニケーションの取りやすさは働くモチベーションに影響しました。当社ではそういった煩わしさはなく、また建設的に議論して切磋琢磨できる環境なので、やりがいを非常に感じます。

学生へのメッセージ

様々なメディアに情報が溢れている社会になり、私が就活をしていた時代とはやり方も違うかと思います。しかしメディアの情報だけに流されず、できる限り直接「自分の足」で動きまわり「見て」「聞いて」判断してください。特に会社の雰囲気は、人それぞれ感じ方も違います。また、どのような仕事でも面白い面、辛い面の両面があります。必ずしも自分がしたい仕事ができるとも限りません。むしろやりたい仕事ができる人の方が少ないのではないでしょうか。様々な職種を経験した上で感じることは、どんな仕事も一緒に働く仲間や雰囲気次第で、面白くもなり辛くもなるということです。自ら行動をして、検討し自分の納得のいく結論を出すことで、責任感も生まれ成長できると思います。人生で一番多くの企業を見ることができる貴重な期間ですので、内容の濃い時間を過ごしてください。その上で信和不動産に興味を持っていただけたら、是非足を運んでいただき会社の雰囲気を感じてください。

一覧を見る

CROSS TALKキャリアが異なる社員たちによる座談会

座談会をのぞく