信和グループ信和グループ 新卒・中途採用サイトリクルートサイト

menu

営業部

林 孝次HAYASHI KOUJI

  • 2014年 入社
  • 摂南大学
  • 法学部 法律学科

仕事のやりがい

法人や個人のお客様に対し、未活用の土地または資金効率の芳しくない土地の有効活用の提案を行っています。土地は、大きさや形状、所在地などによって大きく価格が異なるものであり、また最適な活用方法も異なります。信和建設はグループの強みを生かし、マンションやホテル、介護施設、複合施設、パーキングなどの建設施工から管理運営まで幅広く対応することができます。従って営業としての企画提案の幅が広く様々な土地に対応することができ、これまでにも多くの経験を積みました。現在は主任として営業のチームを任されており、チーム一丸となって会社の成長はもとよりお客様ひいては地域社会の進歩発展に貢献していると実感しています。年次の浅い社員が独り立ちして新たな新人を育てる、信和グループ全体の成長に携われていることが大きなやりがいですね。

仕事をする上で心がけていること

営業として大切なことは人から信頼されること。事業の投資は、お客様の人生がかかっているので、会社の社会的な信頼性もさることながら、まずは営業自身が信頼いただかなければ込み入った話をすることすらできません。建設技術の知識や税務的な知識、提案の技術や営業としての嗅覚も大事ですが、やはり人間同士の話で最終的に大事になるのは人間力。仕事に関わることとしても当然ながら、人生で様々な経験を積みながら人間力の向上に努めています。自分自身が人間として大きくなることで視野が広がります。社外のお客様に対しても社内の同僚に対しても、さらには社会全体に対しても、自分の考えが絶対という狭い考えを取り払い、気持ちに余裕をもって何事からも学ぶことがあるという謙虚な姿勢を持つことができました。月並みですが、人間力の向上という課題の解決を常に心がけています。

会社の雰囲気

年に一度の社員旅行や四半期に一度の会社全体の集まりなど社員同士が交流する場は比較的多くあるため、社員同士の雰囲気は良好です。同年代や前後の気の合う仲間が集まり、飲みに行ったり釣りに行ったりゴルフに行ったりと、それぞれが楽しんでいます。それでもぬるま湯というわけではありません。優秀な成績を収めた社員には年間MVPの表彰や優秀社員旅行への招待といった報奨が用意されており、個人の競争に走ることはありませんが、先輩が後輩に経験を伝えるなどお互いに協働して各自の成果を上げるよう努力する風土が醸成されています。人のよろこびを自分のよろこびと捉えて永久に進化し続ける、そういった企業理念がうまく浸透していると感じます。

今後の目標

入社以来、一貫して営業としてのキャリアを積みました。努力と研鑚を重ねて営業活動を行った結果、2017年には営業の活動が評価され年間MVPとして表彰いただくことができました。今後は、これまでの営業活動を通じて得た知識・スキルやお客様との間で築いた信頼関係などを社員が利用しやすい形としてまとめて共有し、会社の発展の一助としたいですね。またチームを束ねる立場になりましたので、メンバーとよく話し合ってチームとしての力を高め、チーム一丸となってこれまでに経験したことない大きな案件を展開しようと計画しています。プライベートでは、学生時代に打ち込んだラグビーのワールドカップが日本で開催されますので、また体を整えてラグビーのできる機会を作りたいと考えています。

学生へのメッセージ

私自身は、大学ではラグビー部で仲間たちと切磋琢磨していました。きつい練習に耐えることでやり抜く力を身に着け、いわゆる「体育会系」という環境の中で先輩や後輩とともに活動することで人間関係の調整を学びました。社会に出ると、勉学だけではなく様々な経験が役に立ちます。困難に立ち向かう勇敢な心、楽しいことを目いっぱい楽しめる豊かな心、困ったときに助けてくれる友人など。社会に出て経験するよろこびや苦難を、逃げることなく真正面から受け止めることができます。また常に上昇志向でいることが、自分で決めた限界を取り払って視野を広げ、様々なことへの挑戦へとつながります。残りの学生人生を、社会に出てからではなかなか経験できないことへの挑戦や学生ならではの人脈づくりなど、様々なことに前向きに取り組んでください。無駄な経験などありません。

一覧を見る

CROSS TALKキャリアが異なる社員たちによる座談会

座談会をのぞく