信和グループ
閉じる

新着情報

NEWS
2022.08.03

信和建設株式会社・設計施工の賃貸マンション「クレアドーレ京都二条」が竣工しました!

  • プレス

~マンションの3⼤問題を解決に導く「ルネス⼯法」採⽤~

信和建設株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長:丸尾 順治)は、利⽤者のニーズを形にした品質の⾼い賃貸マンション「クレアドーレ京都二条」を2022年7月13日に竣工したことをお知らせいたします。当グループの管理会社が⼊居まで対応しております。

(写真左)北東側外観 /(写真右)南西側外観

■物件詳細情報
<クレアドーレ京都二条>
最寄駅のJR山陰本線「二条」駅から徒歩7分、市営地下鉄東西線「二条」駅から徒歩8分、京都の玄関口であるターミナル駅、JR「京都」駅まで直通7分と都心部へ快適にアクセスできる立地です。
周辺にはショッピングモール「BiVi二条」などの便利な商業施設も充実しています。
物件は、京都らしく「和モダン」な外観とエントランスが魅力の単⾝者の⽅にもファミリーの⽅にもご利⽤いただけるお部屋のある賃貸マンションとなります。

アプローチ

アプローチ(夕景)

エントランスホール

2・3階の住戸には「ルネス工法」を採用しており、床下収納があるお部屋になります。収納ケースはもちろん、出張や旅⾏の多い⽅でも床下60cmもの収納スペースがあれば、スーツケースなども問題なく収納できます。また、床下に空間を設けることで上階の⾳が階下に響きにくくなり、遮⾳性が⾼まります。
また、2・3階の1ルームには空間を最大限に生かした「DEN」(ロフト+収納階段+クローゼット+デスク)を設けました。このプランニングにより、居室に収納家具を置く必要がなくなり広い空間をご利用いただけます。
「DEN」はデスクワークができるスペースがあるため、現在定着しつつある「テレワーク」に最適な住戸となっております。
都心で安心して過ごすためのオートロックは勿論、防犯カメラ・TVモニター付インターホンを完備し、セキュリティにも配慮しております。また、宅配ボックスを設置し、入居者様の利便性を向上させています。

 

■ルネス⼯法
信和グループでは、国⼟交通省が推奨する「スケルトン・インフィル住宅」に最適と⾔われる逆梁⼯法をさらに進化させ、床下に⾼さ約60㎝もの空間を⽣み出す「ルネス⼯法」を推進しています。国⼟交通省が推奨する「スケルトン・インフィル住宅」とは、100年以上⻑持ちする⾻格を持った建物に、注⽂住宅なみの⾃由な間取り変更を可能にする住宅システムです。建物をスケルトン部分(⾻格・構造体)とインフィル部分(内装・設備機器)に分けており、配管類が床下にあるためメンテナンスがしやすくなっています。例えば15〜20年で給排⽔設備等が⽼朽化しても、外壁などを解体せずに床下の空間で設備を新しくすることが可能なため、マンションを解体することなく100年以上多くの⽅々に住み続けていただくことが可能となっています。住まいは、住む⼈の健康だけではなく、⾃然環境にも⼤きな影響を与えています。さらに住宅の性能は、住宅寿命にも関わっています。我々は、住む⼈が快適で健康に暮らすため、ルネス⼯法を取り⼊れることによりマンションの3⼤問題(収納・遮⾳性・採光)を解決しています。

▶ルネス⼯法受注⼾数1位の実績あり!(株式会社エス・アイ・ルネス調べ2013年〜2017年5年連続実績)

▶関連webページ「ルネス⼯法」
https://www.shinwakensetsu.com/casestudy/renaiss.html

 

<クレアドーレ京都二条>
所 在 地 :京都府京都市中京区壬生神明町1-3(住居表示)
交通アクセス:JR山陰本線「二条」駅から徒歩7分、市営地下鉄東西線「二条」駅から徒歩8分
構         造:鉄筋コンクリート造
階         数:地上6階建
⼾         数:全60⼾(Aタイプ:25.70㎡ 16戸、Bタイプ:33.43㎡ 5戸、Cタイプ:41.05㎡ 5戸、
Dタイプ:44.85㎡ 10戸、Eタイプ:25.70㎡ 24戸)
竣 ⼯ ⽇    :2022年7⽉13日
⼊ 居 開 始:2022年7⽉15日
施 ⼯ 会 社:信和建設株式会社
設 計 会 社:信和建設株式会社 一級建築士事務所
備    考 :2~3階にルネス⼯法を採⽤、ペット可、
クリーニング費や毎⽉の共益費において追加で費⽤負担が伴います。

 

▶入居のお問い合わせ
【みつけや本舗】
〒532-0024 大阪市淀川区十三本町1丁目12-15 ドルチェヴィータⅠ 3階
TEL:06-6838-4801    FAX:06-6838-4802
https://shinwa-mitsukeya.com/

 

カテゴリーCATEGORY