信和グループ
閉じる

新着情報

NEWS
2022.05.18

信和ホールディングス株式会社が「ルネス工法」を所有する株式会社エス・アイ・ルネスの全株式を取得しグループ会社化いたしました

  • プレス

信和ホールディングス株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長:前田裕幸)は、株式会社ヒーローライフカンパニーが保有していた株式会社エス・アイ・ルネス(本社:東京都港区、代表取締役:日﨑哲仁)の全株式を取得し、グループ会社化したことをお知らせいたします。

 

株式会社エス・アイ・ルネスは1993年に設立、主に賃貸マンション建築のフランチャイズ事業を行っています。新たな集合住宅のあり方を研究し、1994年に「ルネス工法」という国土交通省の推奨する「スケルトン・インフィル住宅」に最適の工法と言われる逆梁工法をさらに進化させた工法を開発することに成功しました。今までの「間取りを平面(㎡)で捉える考え方」から「立体(㎥)の発想」へと転換することにより数多くのマンションオーナー様、入居者の方から高い評価をいただいております。

今回のグループ会社化により、「ルネス工法」の市場拡大とFC加盟する建設各社へ、信和グループの不動産開発ノウハウを伝え、さらなるグループの価値向上、事業の拡大を図って参ります。

 

■ルネス工法とは
国⼟交通省が推奨する「スケルトン・インフィル住宅」に最適と⾔われる逆梁⼯法をさらに進化させ、床下に⾼さ約60㎝もの空間を⽣み出します。さらに床下だけでなく、図に記すような7つのメリットが特徴です。

国⼟交通省が推奨する「スケルトン・インフィル住宅」とは、100年以上⻑持ちする⾻格を持った建物に、注⽂住宅のような自由な間取りと設備の変更を可能にする住宅システムです。建物をスケルトン部分(⾻格・構造体)とインフィル部分(内装・設備機器)に分けており、配管類が床下に露出で設置してあるためメンテナンスがしやすくなっています。例えば15〜20年で給排⽔設備等が⽼朽化しても、外壁などを解体せずに床下の空間で設備を新しくすることが可能なため、マンションを解体することなく100年以上住み続けていただくことが可能となっています。住まいは、住む⼈の健康だけではなく、⾃然環境にも⼤きな影響を与えています。さらに住宅の性能は、住宅寿命にも関わっています。我々は、住む⼈が快適で健康に暮らすため、ルネス⼯法を取り⼊れることによりマンションの3⼤問題(収納・遮⾳性・採光)を解決しています。

 

■ 株式会社エス・アイ・ルネスの概要
(1) 商号: 株式会社エス・アイ・ルネス
(2) 事業内容: 賃貸マンション建築のFC、ルネス工法の調査、研究、技術開発ほか
(3) 本社所在地: 大阪市中央区南船場1丁目18番11号 SRビル長堀 14F
(4) 代表者: 代表取締役社長  川口貴之

 

▶ 信和グループ
https://shinwa-grp.co.jp/

カテゴリーCATEGORY